〒335-0023 埼玉県戸田市本町5-13-19
  • 特大
  • 大
  • 標準

当院の更年期障害の診療について

更年期障害とは

女性では閉経(50歳前後)に女性ホルモンが低下することにより発症します。更年期女性の2割から3割に発症するとされています。
男性では概ね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンが低下することにより発生します。

■症状

自律神経症状(頻脈、動悸、めまい、肩こり、不眠、疲労感、筋肉痛など)
精神症状(情緒不安定、イライラ、抑うつなど)
男性の場合性欲の低下、ED(勃起障害)などもあります。

■診断

問診(症状の確認と月経周期の聞き取り)
内科的な診察
ホルモン検査
骨粗しょう症検査
生活習慣病検査

■当院での更年期障害の治療

漢方薬
プラセンタ注射(保険適応)
サプリメントの紹介
骨粗しょう症、生活習慣病の治療
肩こりなどの物理療法(リハビリ)
不眠に対して睡眠導入剤や安定剤の処方

女性の方のホルモン補充療法は内診(婦人科の診察)やマンモグラフィーなどの検査が必要であるため当院では行っておりません。適応があり、希望される患者さんには紹介をいたします。
男性のホルモン補充療法(テストステロンの注射)は検査結果を踏まえ説明の上当院で実施しております。